【小鼻の毛穴を抹殺したい】黒いプツプツを一瞬で綺麗にするスペシャルケア方法

こんにちは。
sachiko(@_sachannel_)です。

皆さんは、お肌に関する悩みはありますか?
お肌が綺麗で羨ましい・・・と思われている方でも、少なからず部分的なお悩みを抱えていることと思います。

そんな中でも多いのが毛穴に関するお悩み
「毛穴が開いてメイクが綺麗に仕上がらない。」
「毛穴を隠そうとしていつもメイクが厚くなる。」
「スッピンに自信が持てない。」
30才を迎えた私は全て当てはまり、日々悩んできたことです・・・。

そんな悩みを少しでも解決するべく、今までたくさんのスキンケア商品を試してきました。
そして今回は、今現在私が週2回のペースで行うようになったスペシャルスキンケア方法・商品をご紹介したいと思います。








お肌には個人差があり、タイプも様々です。
全ての方に合うものではありませんが、簡単に私の肌の特徴をお伝えしておきます。

・乾燥肌で特に頬や口元がカサつく

・しかし、夕方にはTゾーンがテカる

・鼻や顎にポツポツと吹き出物ができる

・小鼻や頬の毛穴が目立つ


いわゆる混合肌で、肌の水分量が部分的に異なります。


そんな私が週2回洗顔時に使用しているものがこちら。
IMG_7055.JPG
・【Aesop.】フェブラス フェイス クレンザー
・【Aesop.】フェイシャル エクスフォリアント
・ガスール



【Aesop.(イソップ )とは】
イソップは創業当初から、研究と商品開発に対する確固たる考えを持ってきました。イソップの商品開発は、製品のアイディア、成分の実験、試作品をつくるところまで、有能な科学者チームがメルボルンの本社の研究室で行っています。

成分を信頼のおける業者から仕入れ、最新技術と長年の研究の成果を組み合わせ、最高品質の製品をつくっています。

私たちは、お客様から寄せられた真のニーズに応えるためだけに、大規模な研究開発によって素晴らしい品質と機能を持つ製品が実現された場合のみ新製品を発売しています。
引用元:https://www.aesop.com/jp/r/philosophy-to-products

素材と香りにこだわって作られた質のいいケア製品のみを扱う【Aesop.(イソップ )】。
品質はもちろん、デザインもこだわりを持って作られており高級感のあるモノトーンのボトルが日常にすっと馴染み、ランクアップさせてくれます。

クレンジングジェルと記載されていますが、目元のメイクなどはあまり落ちません。
ナチュラルで良いものだけで作られたものです、洗浄力は少々弱め。

私の場合ぬるま湯で顔を洗った後、クレンジングジェルを手にとり泡だてます。
その後、フェイシャル エクスフォリアントを泡にまぶし、優しく顔を洗います。
フェイシャル エクスフォリアントは乾燥された葉っぱ?のようなものが入っており、古い角質を取り除いて卵肌にしてくれます。
また、洗い上がりはつっぱらないもののしっとりしており、毛穴の汚れが綺麗に。
そして、ワントーン明るくなります。
初めて使用した時は本当に感動しました・・・。
Aesop.(イソップ )公式サイト:https://www.aesop.com/jp/


そして、もう一つは【ガスール】
洗顔・パック・入浴剤にもなる天然の粘土。

私はこれを溶かしてペースト状にし、ぬるま湯で濡らした顔全体に塗ります。
泥パックのような感じです。

少し時間を置いて(ガスールが乾く前に)ぬるま湯で濡らした指で泥を溶かしながら優しくマッサージ。
その後、ぬるま湯で洗い流します。
▼【ガスール】についての使用方法・効果に関しては詳しく記事にしてあります。
【毛穴の黒ずみ・くすみにお悩みの方必見】肌を潤す粘土Ghassoul-ガスール-

こすらなくても粘土が持つ吸着力で余分な皮脂や汚れをとってくれるので、マッサージはしなくてもOK。

【ガスール】で顔を洗うと、小鼻の黒いプツプツが消えるんです。
また、顔のくすみが取れて透明感が出ます。

今回写真に写っているのはストックがなく慌ててドラッグストアで購入したものですが、普段はナイアードのものを使っています。
▼楽天で購入




以上が、私が週2回程行っている毛穴ケアになります。
この2種類の方法をホットタオルで顔を温めた後に行っています。

最初に記述した通り、私は全体的には乾燥肌ですがTゾーンはテカります。
そのため、毎日ではなく週2回ペースという自分なりの回数で行っています。

過剰に洗うとお肌に必要な皮脂まで取ってしまい、乾燥や逆効果になる恐れもありますので自分のお肌に合ったペースを見つけましょう!

今回もお読みくださりありがとうございました。


▼よろしければ応援お願いします♪
人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


この記事へのコメント